手足のしびれ外来

しびれについて

しびれには、感覚異常と運動麻痺の2種類があります。正座をした後のようなしびれは感覚異常で、手足に力が入りにくくなるのが運動麻痺です。感覚異常と運動麻痺は片方のみが現れることもありますが、同時に両方が起こることもあります。

感覚異常のしびれは、脳に感覚を伝える神経の経路に障害があって生じます。運動麻痺のしびれは、脳から手足を動かすための命令を伝える運動神経の経路に障害があって思い通りに力を入れられない場合や、筋肉の衰えによって起こっています。

感覚神経や運動神経はさまざまな原因によって傷つくことがあり、脳や脊髄に障害が起こっている可能性もあります。早期の対応が特に重要なケースもありますので、しびれに気付いたら早めに受診してください。

こんな症状はありませんか?

  • 正座をした後のようなしびれが続く
  • 感覚が鈍くなっている部分がある
  • 手足にうまく力が入らないことがある

当院の「手足のしびれ外来」

しびれは感覚神経や運動神経の障害によって起こっています。当院の「手足のしびれ外来」では、脳、脊髄、末梢神経、筋肉などで起きたさまざまな疾患を内科的に診断・治療する脳神経内科による診察を行っています。脳神経・運動神経・感覚神経(表在・深部感覚)、腱反射、協調運動などを調べるとともに、必要に応じて血液検査、頭部・頚髄のMRI検査などによって診断し、適切な治療をご提案しています。

しびれの原因

しびれが起こる原因は、主に頭、脊椎、末梢神経、内科的疾患にあります。また疾患が背景にあってその症状としてしびれが起きているケースもあります。

長く続いて治らないしびれ、少しずつ強くなってきているしびれがあった場合は、悪化させないためにも早めに受診してください。

また、突然しびれが起こった場合には、すぐに解消したとしても脳に問題が起こっている可能性がありますし、重大な発作の予兆として現れていたことも考えられます。できるだけ早く受診してください。

頭に原因があるしびれ

脳血管障害

脳出血や脳梗塞などの脳血管障害が起こって、脳皮質や末梢神経から感覚神経が通る部分が障害されて起こるしびれです。脳は左右に分かれていて、右脳に障害があると左半身に、左脳に障害があると右半身に影響が現れます。しびれだけでなく、強い痛みが同時に起こっている場合には脳の視床への障害が疑われます。特にご注意いただきたいのは、短期間に解消されるしびれで、これは一過性脳虚血発作によって起こっている可能性があります。一過性脳虚血発作は脳梗塞の予兆であり、放置していると危険です。すぐに受診してください。

脳腫瘍

ゆっくりと進行します。感覚が鈍くなる、しびれが少しずつ強くなるなどに気付いたら早めにいらしてください。

脊椎に原因があるしびれ

変形性頸椎症

首の骨は加齢によって変形することがあり、骨が変形してトゲ状になった骨棘(こつきょく)ができてしまっているのが変形性頸椎症です。この骨棘が脊髄や脊髄から枝分かれした神経根を圧迫して刺激し、しびれ・脱力・痛みなどを起こします。

頸椎椎間板ヘルニア

頸椎の骨の間にはクッションの役割を果たしている椎間板があります。この椎間板が飛び出してしまっている状態が椎間板ヘルニアです。飛び出た椎間板が脊髄や神経根を圧迫・刺激して上肢のしびれ・痛み・脱力などを起こしています。当院ではMRIを用いて、的確な診断が可能です。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎の骨の間でクッションの役割を果たしている椎間板が飛び出して、脊髄や神経根を圧迫・刺激して下肢のしびれ・痛み・脱力などを起こしています。
当院ではMRIを用いて、迅速な診断が可能です。

末梢神経に原因があるしびれ

手根管症候群

手を動かすための正中神経は、手首の手のひら側にある骨と靭帯に囲まれたトンネル状の手根管を通っています。手首を過度に使うと手根管内で正中神経が圧迫されてしまい、手のしびれ・痛み・運動障害を起こします。こうした症状は、起床時に強く現れやすい傾向があり、手を振る・指を動かすなどによって一時的に改善できます。ただし、悪化すると痛みやしびれで睡眠中に目覚めてしまうこともあります。

内科的疾患に原因があるしびれ

糖尿病性神経障害

糖尿病による高血糖は毛細血管にも動脈硬化を起こします。それによって神経に栄養を送る小血管に血液が送られなくなり、細い末梢神経が侵されて神経障害が現れます。最初は手足、特に足の指先にしびれが現れて、進行するに従って痛みに変わっていきます。足の壊死などによる切断の可能性もあるため、早期に適切な治療を受けることが重要です。

ビタミン欠乏

ビタミンの欠乏によって神経障害を起こすことがあります。極度の偏食、過激なダイエット、アルコール依存などによってビタミンB1、B12、葉酸などのビタミン欠乏を起こし、しびれなどの症状を起こしていることがあります。ビタミン欠乏による神経障害には、脚気(かっけ)と中枢神経が侵されるウェルニッケ・コルサコフ症候群があり、末梢神経障害だけでなく心不全やアルコール性認知症などにもつながるため注意が必要です。

半身の手足がしびれている場合は、早急な受診が必要です

「痛み」は受診のきっかけとして一般的ですが、「しびれ」も重篤な病気の症状として現れていることが少なくありません。一時的なしびれを放置して脳梗塞につながってしまうこともあります。命にかかわる疾患ではなくても、早期受診をしなかったことで運動障害を合併してしまう可能性もあります。

特に注意が必要なのは「身体の片側に現れるしびれ・運動麻痺」です。脳疾患の疑いがあるため、できるだけ早くいらしてください。

一番上に戻る
お問い合わせ TEL:0493-35-3535 当日順番予約